助産院はどのようなところ?

助産院はどのようなところ?

とある一人の女性の一生涯で、大きなイベントと言われるもののひとつは妊娠と出産ではないでしょうか。

特に出産は一大イベントです。

とても大変で気力も体力も使い、出産後のケアもなかなか大変な作業です。

そのイベントを安全に行うための施設のひとつに助産院という施設があります。

法的に言うと『不特定多数の妊産婦や新生児の保健指導及び分娩を行う施設』と定義されています。

施設を管理する者は必ず助産師で、入院できる施設なら入院床数は9床以下と定められています。

助産院の中には助産師の自宅だというところも存在しています。

開設しようとする場合は、助産師個人で開設する場合と医療法人や社会福祉法人などの医療機関が開設する場合の二通りがあります。

医療機関同様、お産を介助する目的の助産院は非営利性を保つことを重視しているため、現実として株式会社が開設することは認められていません。

施設の基準は医療法の他、建築基準法などの関係ある法令などに従った基準を満たす必要があります。

助産院の主な業務と雰囲気

助産院で行われる業務はふたつあります。

ひとつめは妊娠や出産に関わって助産行為、いわゆる分娩を補助・介助する業務を主としています。

他には新生児のケア、保健指導や母乳ケアなどを行っているところもあります。

助産院について

ふたつめは、異常分娩や何らかの理由で、助産を受ける必要がある妊産婦であるにも拘らず、金銭的困窮や生活保護を受けている、など経済的理由のために安全な分娩が行えない状況だと判断された場合、その対象の妊産婦からの申請によって『助産施設』として妊産婦を受け入れるという業務を行っています。

助産施設としての基準は『専任または嘱託の助産師を一人以上置くこと』と『嘱託医は産婦人科の診療などに相当な経験を有すること』という、医療法で定められた助産院の条件より厳しい基準が設けられています。

施設の外観などは、どなたかの自宅かな?と思うようなところが多く、基本的に『自然な出産』を目的にしている施設が多いためか、より自然に近くアットホームな雰囲気の助産院が多いようです。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.